お客様の声 Customers Voice

菊池食品工業 代表取締役社長 菊池 光晃 様

「体育の先生になりたかった」という菊池社長は4年制大学教育学部体育専攻を卒業。「小さい頃からかけっこは負けたことが無かった」現在でも社内の野球部の監督を務め、野球でも連戦連勝中!大卒後、水産メーカーで、築地の男たちに鍛えられるも持ち前のガッツと運動神経で築地魚河岸を営業担当し、快走した。その後、大手スーパーで八百屋を経験。平成8年に同社に入社。とにかく“心”、“人”を大切にする熱い心が取引先や部下から、厚い信頼を得ている。1967年9月、東京板橋生まれ。

ヨネヤマとオンリーワンのオペレーションを作り上げていきたい

当社は大正3年の創業以来、煮豆、佃煮、惣菜、黒豆エキスなど一貫して、お客様の信頼と満足を最優先に考え、食材の美味しさを追求し、高い品質と安全性を兼ね備えた商品の提供を行って参りました。
今年で創業95周年を迎え、100周年を視野に入れて、社是を「一生懸命」としました。販売、物作りなどの全ての面で“一生命をかける仕事をしましょう”と呼びかけています。

食品業界では産地偽装などの問題が多発する中、もう一度正直になることが必要であると考えています。お客様をごまかすことなんて出来ません。“泥臭い”ことかもしれませんが、正直に真面目に取り組むことが当社の本質であると感じています。
当社では常に食品の品質に配慮し、健康な食品の提供のため合成保存料なども一切使用しておりません。また、食品の源となる“水”にこだわり、良い天然水の採れる場所で生産基地を設置しております。
ブランドである“味の菊一”がお客様からさらに信頼され、「菊池さんはいい商品を作ってくださる」と喜ばれる物つくりをこれからも続けて参ります。

ヨネヤマさんとの関係を語る上では、“いい人材が多い”と感じることが多々あります。 当社をご担当するスタッフの方々、“この人ならば”と感じさせてくださる方が多く、 これは商売を続ける上で重要な信頼につながっております。 さらに、原材料のコスト高が社会問題となっている中で、ヨネヤマさんからは様々なご提案をいただいており、 ヨネヤマさんの購買力があってこそのご提案で、特筆すべきものだと痛感いたしております。

当社は5年後の100周年にむけて、さらに良質な物つくりに努力するとともに、営業面では“心”を大切に、 人と人のつながりでオンリーワン企業を目指していきます。 ヨネヤマさんともパートナーシップを強固にして、メーカーとヨネヤマさんとのオンリーワンの オペレーション作りをしていきたいと考えております。

voice_kikuchi_img01

他のお客様の声を見る